どこよりも外傷(骨折・捻挫・打撲・筋、腱損傷)
対応をしっかりと行います。

当院は外傷の対応に自信があります!!
外傷の対応で私たちが最も大切にしていることは、まずしっかり鑑別(どこを、どのように、どの程度痛めているか)をすることです。
正確な鑑別をするために、丁寧な問診を行いさらに、エコー(超音波観察装置)も使用しております。
鑑別の内容に応じて、ギプス固定等も積極的に行っています。状態によっては、整形外科・総合病院などと直接連絡をとり、患者さまに最良な方法を提供いたします。

 POINT1    エコーの写真

エコーでは、骨・靱帯や筋肉などの損傷を把握することができます

正常な靭帯

損傷した靭帯(部分断裂)

正常な筋肉

損傷した筋肉(炎症反応)

正常な骨

損傷した骨(骨折)

 

 POINT2    ギプス固定

短期間でも固定が必要な場合は、中途半端な固定はせずにギプスにて確実な固定を行い、早期の回復を行います。

固定後は、しっかりと適切なリハビリを行い
早期の回復を目指します。